exciteミュージックモールにHumans oulライヴレポート掲載!
ライヴレポートを掲載しているエキサイトミュージックモールはコチラ!
exciteミュージックモールにJeeptaライヴレポート掲載!

-NEWS-

[2/25]SUMMER SONIC 09開催決定!出演者第一弾発表!!

[2/25]Nine Inch Nails SUMMER SONIC 09出演決定!!

[2/16]ソニック・ユース の待望のニュー・アルバム『ジ・エターナル』が2009年6月上旬日本発売決定!!

[2/12]グリーンデイ が5月にニュー・アルバムをリリース!

[2/12]不動の人気を誇るいなせなフレンチ4人衆、フェニックス による3年ぶりのニュー・アルバム『ヴォルフガング・アマデウス・フェニックス』、5月日本発売決定!

[2/12]元KEMURIのTSUDAと元POTSHOTのRYOJIによるSKA PUNK BAND、REDEMPTION 97 、4/8MAXI発売!!

[2/12]U2 始動!約4年半振りのニュー・アルバムが完成!3/18リリース!!

[2/12]The Prodigy 、2004年の前作『オールウェイズ・アウトナンバード,ネバー・アウトガンド』から約5年振りとなる通算5枚目のオリジナル・アルバムを2/18リリース!!

[2/12]ベン・フォールズ 、活動15周年を記念した初のベスト・アルバムを2/25にリリース!!


Welcome to my Blog !!
ライター、磯山みゆきがお薦めする商品を一挙ご紹介!!
音楽を中心にお薦めアイテムをどんどん紹介!!
取材記事も時々アップ!!どうぞお見逃しなく!!
要チェック!!

※本ブログに掲載されている画像・文章・PV等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
●リンク
Amazon
Ranking
ブロろ〜ぐ - BLOG INDEX -
わたしのプロフィール
(リンク依頼もこちらから)

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
サマソニ、ヘッドライナー決定!!Arctic Monkeys最新アルバム遂に発売!!
Arctic Monkeys

前作とはガラリと雰囲気を変えた、Arctic Monkeysの2ndアルバム『FAVOURITE WORST NIGHTMARE』がいよいよ4月18日に発売する。今年、2007年サマーソニックのヘッドライナーにも既に決定しているArctic Monkeys、今後も要注目バンドである事は間違いない。
デビュー・アルバムはUKで発売一週間でWプラチナムを獲得している、英国音楽史上最速でのしあがったバンドである。その彼等が生み出す新たな音源を発売に先駆けて試聴する機会に恵まれた

激しいビートで始まる「Brianstorm」が最新アルバムの一曲目を飾る。始まりは、今までのアークティックとは違った激しさを見せているが、歌メロを聴いているとアークティック節がいい意味で炸裂した楽曲に仕上がっている。変拍子が耳に残り易く、曲構成がとにかく面白い。ロック・アルバムの幕開けをこの一曲で感じ取る事が充分に出来る。二曲目「Teddy Picker」は、ベース・リフが脳裏に焼きついて離れず、始めはノリ易い単調な構成かと思いきや、全体の旋律がニュー・テイストさをも兼ね備えており、ダンサブルな仕上がりにもなっている。単調ではないアルバムだといわんばかりの展開が、既に二曲目で感じ取る事が出来るのである。三曲目「D is for Dangerous」は、中間のギター・サウンドのメリハリ感がドッシリ響く割に、ヘヴィーなだけだな・・・と言う印象は全く与えない。このあたりがArctic Monkeysならではだろうか、才能と言えるだろう。四曲目の「Balaclava」は、これまた面白いテンポでコアな要素も強いロック・サウンドに仕上がっている。一聴しただけでも印象に残りやすくハードでエッヂも効いており、それでいて優しさをも漂わせている楽曲だ。五曲目「Fluorescent Adolescent」は、このアルバムの中でも誰もが聴き易い楽曲と言えるだろう。キラキラと明るいメロディーは胸に響く仕上がりである。そして六曲目にはアルバムの中でガラリと雰囲気を変えた一曲が登場する。バラード・ソングと括ってしまいそうだが、単なるバラード・ソングとは違う「Only Ones Who Know」は夜明けを漂わせる仕上がりとなっている。暗闇の中に居ても光が見えそうな、そんな期待すらも彷彿とさせるメロディーであり歌詞でもある。この一曲は何気ない出会いから生まれた一曲だとアレックスは言う。少し切ない歌詞とも捉えられるだろうが、幸福なる未来を望んでいるからこそ描ける世界観でもあるのだろう。ガラリと雰囲気を変えて七曲目「Do Me a Favour」はドラムから始まるビートの強い一曲。中間からガラリとギターが強調され、曲構成もこれまた面白い。

全体的にこの2ndアルバムは、前作とはガラリと雰囲気を変えているとは言われているが、根底にあるものは何ら変わってはいないだろう。テイストだけが変化した最新作とも言えるのではないだろうか。アルバム全曲を通して聴いて印象に深く残った部分は、曲の構成である。転調、変拍子、単にハードなだけではなく、通り過ぎない耳に残る印象深い楽曲が勢揃いしている。ファンは勿論、彼等の音楽的な新たな表情を垣間見たければ、このアルバムは今年のマスト・アイテムとなるだろう。

人気blogランキングへ

★PCからはこちら「フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー」

★携帯からはこちら「フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー」



音楽22:51comments(3)|-|
bot
スポンサーサイト


|-|22:51|-|-|
bot
コメント
おーーーーー!遂にですか!
発売が待ち遠しいです!!
| 道村 | 2007/03/31 5:25 PM |

ハードになったんですね…?
前と違うのは少し残念ですが、楽しみです(*^m^*)
| まり | 2007/03/31 3:25 PM |

おっ!聴かれたんですか!!
雰囲気変わったんですね。
ハードになったんですかね?
男らしくなってきた感じが文面から伝わってきます!
なんやかんや思う事はありますが、やはり予約します(笑)
| ナカジィ | 2007/03/31 5:56 AM |

コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot